風の便りに

最近、以前お付き合いしてた彼女からちょくちょく連絡が来る。

昨日も、3日ぶりに携帯を開いたらメッセージがきていて、ほんの少し驚いた。

今でも気にかけてくれているのかな?

 

そういう人がまだいるということにも驚いた。

これはきっと有難いことなのだろう。

僕のことなんて、忘れ去られても仕方ないのにね。

 

たしかに先日、酔った勢いで電話をかけていたみたいだけど、その癖は未だに治っていないみたいで、少し笑えた。

何を話したかは正直、覚えていないけど、ラインが来たということは、クダ巻いたとかではなさそうだ。勘違いだったら怖い。

 

そういえば宇都宮つながりではないけれど、去年の今頃に福井の飲み屋で出会ったヤバめな女性から、数週間前に電話をした時は、あーだこーだ言うは、たいそう偉そうなことを言うわで、心底腹ただしかった。

人は選ぶべきだと反省。。

その時に知ったネットストーキングにもビビった。執着心とは恐ろしいもの。 

 

春とは何かを思い出すには良い時なのかもしれない。そんな時に全てを忘れてしまうのもどうかと思うけれど。。

全ては明日だな。

 

ひとまず、2018年3月19日の記憶をここに残す。