back to the life

世界が起きる。

ようやく今までの記憶が少しづつ戻ってきた。

断片的ではあるが、その人との関係性や、自分が好きなこと。

ただ、もう少し時間がかかりそうだ。

 

 

今日、術後初めてこのサイトを開いた。まぎれもなく僕のブログだ。

このブログに、どのようなことを書いていたのか、正直覚えていないが

僕の心のモヤモヤを書いていたのは事実のようだ。

 

一つ二つ読み返したみたが、心の闇の深さを認めた上で

ここを僕のはけ口の場所とし、唯一正直に物事を書き綴った場所だったのだと

理解した時は、虚しくなった。

僕の理解者は誰もいないのかと。

 

手術前に自分で貼ったであろうポストイットには

手術を終えたことをと誰々へ連絡するとだけ書かれていた。

正直、その誰々が誰なのかも、ここがどこなのかも、

僕自身が誰なのかも解らない状態だった。

視界すらもうっすらとしか見えず、左足はビクともしない。

何がどうなっているのか僕は知りたかった。

どうして?何?がという気落ちが先走ってしまったけれど、

電話口の女性は優しい声をしていた。

その女性が誰なのか知ったのはそれから4日後のことだったけれど。

 

術後、二日目からは日々、記憶を探すための自分への問いかけを勝手にしていた。

心臓が破裂しそうなほど苦しかった、一つ一つ思い出すたびに涙が出た。

怖かった。自分がどんな人間なのか思い出すのは僕には耐えられなかった。

 

一つ一つ、ゆっくりでいいよと側にいた女性もまた、誰だか解らない。

なぜ、この部屋にいて、なぜ僕に話しかけてくるのか。

毎日のようにやってきては、たわいもないことを僕に話してくる。

 

君は僕の恋人なのか?

そう問いかけてみるも首を横に振り、ただ側にいるだけと答える。

混乱とはこのことだ。

ただ、その子が聞かせてくれたラジオ番組はとても面白かった。

僕の好きな番組。僕の好きな人が話している番組。

僕の好きな人が聞いている番組。

そんな僕の好きなが詰まっている番組だと教えてくれた。

 

僕はこのまま生きていても良いのだろうか?

死を選ぶべきだったのではないだろうか?

 

このままでは僕は何もできないよ。

 

無意味だなぁ