読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愚か

僕は昨日、自動車にひかれた。

このタイミングでなぜ?と思うところがたくさんある。

信号無視をしたファミリカーにばーんと。。

引かれる前後の記憶がなく、どこに行こうとしていたのか、その目的すら思い出せない。

 

ただ、今こうして文章を打っているということは生きている証拠。

明日から検査につぐ検査。。。

吐き気と目眩もようやくおさまった。

 

ひいた人も厄介な人間をひいてしまったものだ。

ただ、死ななかった。

死んでも良かった。

死ねば良かった。

そんな思いを持ちつつ、点滴の溶液がぽたりぽたりと落ちるのを眺めている。

 

騒々しい日々が明日からやって来ると思うと、それだけで気が引ける。

親の襲来に、警察とのやり取り、加害者の見舞いとひっきりなしだ。

 

もうやめてほしい。

これ以上、不安や辛い思いを抱えたくない。もう抱えられないよ。

 

誰か少しで良いから僕の胸にかかった圧を担ってはくれないか?

心に隙間をくれないか?

もう、何にも考えたくないし、見たくもない。重荷を降ろさせてほしい。

 

僕の言ってることはそんなにも贅沢なことかい?

自ら命を絶つ以外に道はないのかい?

 

この積み重なるモノは何なのだろう。

ため息も涙も出ない。

 

枯れた心はもう戻らない。

本当に地獄だな。。。

地獄には笑いもなければ幸せもない。

 

それともこれは夢か。

もしくは死後の世界か。