SWITCH

事が大きく変わり始めた。
私の回りは変わらず今まで通り。

変わるのは僕のみ。
人生は面白くて儚くて短い。
そんなくだらない事を言うエセ講習もあるけれど、面白いのは事実。

何か残せる人もいれば何も無かったように去る人もいる。
私は間違いなく後者です。

7月の中頃に東京に戻ることにした。

住まいを変えて本当の意味で1人暮らしを始める。
これからの事は自分で決める。誰にも迷惑かけずに自分のことは自分でする。

これは私自身が出来なかったこと。
何かに頼るなんてもうごめんだから。
手を伸ばしても捕まえられないモノに手を伸ばし、掴めるものは払いのける。
そうして這い上がっていくよ。

天国に行こうだなんて思ってもいない。
地獄に行きたくないなんて我儘を言うつもりはない。
一寸先は闇。手を突っ込んで手繰り寄せて歩ければそれでいい。

事実、偽証は知らない。自分の物差しで測れないものは捨ててしまえばいい。

感情は喜楽の2つだけで十分。
どうせ死ぬのだから。

怒って悲しんで泣いて死ぬなんてもっぱらごめんだから。
死ぬときは笑うの。場所はどこでもいい。
残りカスは全く知らない土地に振り撒いてくれると助かるよ。
死んでならは何もできないからね。

希望を持つモノは生き方を考えるべき。
死が近い人間は死にかたについて考えるべき。どちらも人様に迷惑がかからないような死にかた良いと思う。
誰かに刺されてとかは、勘弁してほしいかな。多くの人を巻き込んでまでのこだわりは捨てるべきだ。

僕の好きなものを取っていくといい。
楽器や本、その他、電気器具など、ある程度お金になるものもあるよ。