働くこと

今までできていた仕事が出来なくなって、戦力外通告とともに大阪に飛ばされて半年。

理由は勿論、病気だから。ある種、使いづらいが切る事は出来ない。まるで厄介者扱いだ。

 

大阪では今までやってきた仕事とは180度違ってお客のクレームから海外の案件まで様々。

そして正社員から契約社員に降格。

ようやく地上に出てきたと思ったら、この仕打ちか。

 

ただそれも考え方次第でどうにでもなるもんだと思った。契約社員はよく言えば自由が効く。

そんなこんなで始めた個人の仕事も最近ではようやく軌道にのって僅かではあるがお金も稼げるようになった。

好きなことして生きていく なんてコピーを見るが、それも全部が間違いではないのだと思う。

少なからず、生活できる範囲のお金は確保して、あとは好きなことして生きていく。

 

暮らしは以前よりも豊かになった。心も条件付きで安らかを覚えた。

 

それでも時にはロープをドアノブにぶら下げたくなる瞬間もある。

何もかも望んではいけない。失うものがあって得るものがある。鋼の錬金術師で言うところの等価交換というやつでしょうか。

人間、簡単に手に入れたもの価値は無いのだと思います。

僕は寿命と引き換えに好きなことで生活できる術とその時間を手に入れたわけで。

ただ、支払った対価は大き過ぎてるような気もする....

 

生きるやら死ぬやらなんやらと本をたくさん読みました。100点終末を迎えたくて。

でもそんなこと正直、どうだって良いと思いました。100点だろうが0点だろうが死ぬのは皆同じ。死後の世界もどうだっていい。行きゃわかるし。これもまた、未知との遭遇だね。

 

そんなこんな好きなことしていていたら、11月に尼崎のフェスに呼んでもらえた。

12月には大きな大きな年越しのやつに今アシスタントしているバンドが出るなど嬉しいこともある。

まだまだやらねば。

under ground

1年間続けたラジオが先週終わった。

この1年間、様々な音楽をかけ、様々な事を話した。20代中盤って結構辛いぜってこと。そして生きるって楽しいぜってこと。

聴いてくれていた10代の青年達から、隔週送られてくるメールにはいつも、こんな話をしてほしい、こんな時どうしたらいいの?って。。

答えられる範囲で答えた。けれど心の奥底に閉った本音は隠したまま。

僕にはschool of lockのようなメッセージは伝えられないからね。

 

それらは君たちがもう少し経てば経験するであろう事。中には経験せずに済んでほしい事。

 

人間、喜びだけでは生きていけない。

絶望を知るからこそ見える世界もあるから。

これは肌で感じて、ようやくわかる事だから。

 

そんな願いを込めて最後の曲にBlue Mondayをかけたんだ。理解欲しいとは思わないけれど、

感じて欲しいとは思う。

 

こんな、人間不適合者ですら今を生きているのだから。

 

未来がみえないからこそ、僕は話せたんだろう。小さな小さなコミュニティの中だからこそ話せたんだろう。

 

恋にうつつをぬかすのも良い。

愛に溺れるのも良い。

バカげた事をして腹を抱えて笑うのも良い。

それらの残りの数%でいいから未知との遭遇を楽しんで欲しい。

見た事ないもの、聴いた事ないもの、触れた事ないもの全て面白いよ。

 

27の若造が何を言ってるんだって思うかもしれないけれど、27歳なめんなよ。テレビっ子であり、ラジオっ子、音楽に世界を魅せられた原因不明の脳腫瘍所持者みくびんなよ。3年後の生存率10%

だてにテレビを見てきてないし、ラジオも聴いてきてない。それで培った知識はそこら辺の奴には負けないよ。

なんてカッコよさげに書いてみたりしてさ。。

 

もう誰も恨んではいないし、誰も貶すこともない。側からみたら可哀想な奴だよ。

卑下していた人間が、今では卑下されることすらない無なんだから。

 

あ〜ぁ。。東京オリンピックまだかなー。

 

Good night

緩やかな音に流され、うっすらと明るい蒸し暑い夜を過ごす。

今年の夏もあと僅か。

 

FUJI ROCKで見た多くのアーティストを聞き返して、なんだか寂しい気持ちになった。

夏がおわったのだと。

 

あの大雨が僕のありとあらゆるものを流してくれた。

そして、新たに生を吹き込んでくれた。

 

大雨の中で聴いたAphex twinの10分間のノイズミュージックは、僕の心に喜びを与えてくれた。

あの10分間が僕を違う場所にトリップさせてくれた。浴びるように飲んだスコッチのせいか、もはや酩酊状態の人間には音としての認識はできない。だからこそリズムが崩壊した音が心地よかった。

他のバンドは。。。。

 

きっと趣味嗜好が変わったのだろう。

 

そして色々な人にあった。

学生の頃の友人や、インターンをしてた頃悪いことを教えてくれたおじさん、仕事で仲良くなったドイツ人、勝手に看病してくれたお節介、入院していた時にお世話になった看護師さん

久しぶりに会うと皆笑顔で、まだちゃんと生きてるね と一言。

そう簡単に人は死なないよ。

 

次はいつ会えるかな??

 

話は変わって

ギターが弾けなくなったので、小手先の技術を問わない音楽をと思い、DJを本格的始めてみた。今まで楽器という感覚では無かったけれど、レコードも楽器になりうることが大きな発見。

色々な曲の一箇所を取ってきてはそこに違う曲のドラムを乗せる。

作曲しているような気分だ。

そんなこんなで、今週の土日は新宿のゴールデン街のレコードbarで18-19時、23-24時でのらりくらり回せます。

何だか久しぶりだよ。こんなにも自由な生活は。

定職についていた頃よりも、豊かな生活だ。

 

進行度はステージ3

3という数字はMagic Numberなんだってさ。

No more No day 

That's a Magic Number

 

 

なんとか持ちこたえてるよ。。。

だからさ、

 

 

 

Last Dance

短くて、長い生活もあと少し。

今年は行けないと思っていたフジロックに行くことができる。

リハビリも頑張ったからね。

今年で行き納め。十分遊んだよ。何年も何年も良い時間を過ごさせてもらった。

ありがたい。本当、辛い思いをしている時もあそこにいる時間は幸せで。

誰にも責められることはないし、誰にもいい詰められることもない。

そんな素敵な時間をありがとう。今年もよろしく頼むよ。

 

来年の今頃はどうしているだろうか?

どこにいるのだろうか・・・

もしくはどこにもいないのかもしれない。

 

何もしなくても時間はすぎる。

だったら最後に盛大に踊ろうではないか。

灰になる前にHighになる。なんてね。

 

つもりに積もった借金もようやく返済できた。

少しばかり余裕ができた。

今できるやり残したことをやろう。。なんて思うか。バカ。

 

普通に、ごく普通に。

人間が人の生死をどうこうしようなど痴がましい。

27

 

よく頑張ったな。俺。

 

20/27は辛いかったけどさ。

7/27はほどほどに楽しかったよ。

残りも頼むね。

 

あとさ。。。。。

 

 

 

返せ

全て返せ。

今まであったもの、できたこと全て返せ。

僕は戻りたいんだ。あの頃に、あの時に。

やりたいことがあるんだ。出来なかった事をやらないといけないんだ。

今じゃなきゃダメなんだ。時間がないんだ。

 

今もまだ引きずってるよ。この1年間ずっと。長く深く強く入り込んでいる。時が経てば良くなると思っていたよ。時が経てば経つほど、この暗闇は膨れ上がってくる。

ここ一年の間、ふとした瞬間に、心臓を鷲掴みされたような辛く苦しい瞬間がくる。

メンタルの弱さが原因なのか、それとも脳腫瘍のせいなのか。

何はともあれ時期的にも最後に貰ったもの。

 

この苦しみと激しい動悸はなんなんだ。

今まで自覚症状はあったものの、無視していたけれど、検診時に症状がでてくるやいなや、あまりの心拍数の高さに医者が下した診断は狭心症。。

ウケる。。。。

 

次から次へと何でもかんでも病気だな。

術中にはまったとはこの事だよ。

搾取も甚だしい。

そんで、全て原因不明。。。

ウケる。。

 

おいおい。。。おれは一体、1回にどれだけの薬を飲むんだい。

ウケる。。。。。。。。

 

あーあ。。

おれは何処に。。

 

街を歩く

街と町、村と郡、それぞれ何が違うのか。

そんな考えれば解るようなことだけれど、実際に歩くことでその違いを肌で感じることができる。

目に見えるものが全てではないことを、片目を失った今だからこそ、匂いや温度や風の感触に敏感になった。

 

つい先日まで病院のベッドで横たわっていたけれど、最近は自らの足で今まで通りとまでは言えないが、歩けるようになった。

自分では結構満足している。

 

知ってる街の知らないところを探して歩く。今の自分にとってはそれだけでもじゅうぶんに楽しい。

ふらっと入ったカフェにはマッキントッシュのアンプと大きな古いスピーカーがあって、そこから流れるレコードが何とも気持ちがいい。

 

イヤホンで音楽を聴くことが出来ないから、こうして程よいボリュームで綺麗な音質の音楽を聴けるのはとても嬉しい。

 

そこから流れる風街ロマンは夏目前のこの時季の昼下がりにはぴったりだ。

 

本当、いつぶりだろうかこんなにも心から癒されたのは。

そんときばかりはこの辛い状態を忘れることができる。

 

そして、家に戻る。

玄関を越えた先で現実に戻される。

大量の薬と補助器具が床に散乱している。

 

現実こそ夢であれ。

 

救いの手を待っている。

僕から闇を消し去ってくれるヒーロー待ち焦がれている。

 

 

 

深く青い

ころころと転がり続けた結果がこの有り様。

僕はこれからどれくらいの間こんな生活をするのだろう。

周りは色々変わったというのに。

 

ざまぁねーな。

 

ようやく、薬にも慣れてきたところで、副作用が出てきた。

つくづく運のない。運にも人にも見放されたものだ。

 

飲めば飲むほど目眩も動悸も吐き気もくる。

全身に出てきた斑点はまるで身を隠すための迷彩模様の様。

 

普通っていいな。

普通に生活できるっていいな。

普通に働いて、普通に飯食って、普通に酒飲んで、普通に恋をして、普通にセックスして。

羨ましいよ。

そんな普通のことができているのに、不幸だと嘆く君はなんて贅沢なんだろうか。

 

海の底に沈んでいくように、目の前から光が消えていく。

そうして左目は機能を失った。

黒い瞳は今では色素を無くし灰色をしている。

 

どこまでも深い。

この念はどこまでも深い。

この嫉妬心はどこまでも深い。

この黒はどこまでも深い。